LEEDとは

エネルギー、環境デザインのリーダーシップ

LEED環境性能評価システムは建物の環境に与える影響の改善に貢献しています。このプログラムは公共衛生や環境への影響のみならず建物にかかる経費軽減にもつながっており、間接的に生産力の拡大および持続的な社会の創造にも貢献しています。

LEEDはアメリカ合衆国グリーンビルディング評議会が所管している任意の認証制度です。健全な市場における環境に配慮した建物とエネルギーの削減の取り組み、既存の慣例と新しいコンセプトとの両立を目指しています。

認証査定

LEEDは建物全体に対する評価で個別の製品についての評価ではありません。従ってクレストラ・ハウザーマン製品はLEED認証に貢献することはできますが、認証を取得することはできません。

最初にLEEDを申請するには必須条件を満たしていなければなりません。そして各評価項目のポイント数の合計によって認証・格付けがされます。

以下はLEED2009の新築及び大規模な改築における各項目の獲得ポイント数です。

建物(敷地)の持続可能性 26ポイント  
水効率 10ポイント  
省エネと再生エネルギーの使用 35ポイント  
資材の再利用・リサイクル率 14ポイント  
屋内環境の快適さ 15ポイント  
革新性と設計 6ポイント (ボーナス)
地域別優先 4ポイント (ボーナス)
総合計 110ポイント (10 ボーナスポイントが含ま)

 

格付け別ポイント数

認定 40-49 ポイント
シルバー 50-59 ポイント
ゴールド 60-79 ポイント
プラチナ 80-110 ポイント

 

クレストラ・ハウザーマン製品は以下の強化ポイントに有効です。
資材の再利用・リサイクル(MR)

MR 1.2 建物の再利用 最高ポイント 1
MR 2 建築廃棄物管理 最高ポイント 2
MR 4 再利用内容物 最高ポイント 2
MR 5 地域別優先 最高ポイント 2

 

屋内環境の快適さ(IEQ

IEQ 4.1 低公害材料、接着剤 最高ポイント 1
低公害材料、塗装剤 最高ポイント 1
採光、景観 最高ポイント 1

 

革新性と設計(ID)

ID 1.1 革新性と設計:再生可能率30%またはそれ以上 最高ポイント1
Défintion LEED : Leadership in Energy and Environmental Design